インテリアコーディネーター用語辞典TOPへ デザイン様式

デザイン様式

インテリアコーディネーター資格試験には、インテリアや家具のデザイン様式、その時代のデザイン運動やその中心人物、家具デザインと作家などについての問題が出題されています。これらを歴史の流れに沿って学習すると理解しやすいでしょう。

デザイン様式一覧

アルバー・アールト(Alvar Aalto)
アルバー・アールト(Alvar Aalto)とは、フィンランドの建築家。 (1898~1975)
アーリーアメリカン(early american style)
ア-リ-アメリカン(early american style)とは、17~18世紀に北アメリカのイギリス植民地時代の建築・工芸の様式についての事を語られることが多い。
ロココ様式(rococo style)
ロココ様式(rococo style)とは、1735年~1780年の間に、フランス中心に西欧で流行した装飾的なインテリア様式のこと。
カッサパンカ(cassapanca)
カッサパンカ(cassapanca)とは、イタリア語の「カッソーネ(チェスト)」と「パンカ(ベンチ)」からできた語。
リージェンシー様式(Regency style)
リージェンシー様式(Regency style)とは、ジョージ3世後の摂政時代の建築様式。
ネオクラシズム/新古典主義(Neo classicism)
ネオクラシズムとは、バロック様式とロココ様式の行き過ぎに対する反動で、18世紀中ごろに起こった古典主義を再認識しようというデザイン運動。
ルネッサンス様式 (Renaissance style)
ルネッサンス様式とは、14世紀から16世紀にかけてイタリアを中心におこり、ヨーロッパ各地に広がった芸術や建築様式のこと。
チッペンデール様式 (Chippendale style) [英]
チッペンデール様式とは、18世紀半ば頃のイギリスの家具様式。
イームズ (=チャールズ・イームズ/Charles Eames )
イームズ=チャールズ・イームズは、アメリカ・セントルイス生まれの建築家・家具デザイナー。(1907~1978)
バウハウス (Bauhausu) [独]
バウハウスとは、1919年ワルター・グロピウスを校長として迎え、ドイツワイマールに創設された国立の造形学校。
マッキントッシュ (=チャールズ・レニー・マッキントッシュ/Charles Rennie Mackintosh)
マッキントッシュ=チャールズ・レニー・マッキントッシュは、イギリスの建築家。(1868~1928)
アール・デコ (Art Deco)
アール・デコ,Art Deco)[仏]
 

Copyright © 2006 インテリアコーディネーター資格試験用語集. All rights reserved